投稿日:2010年09月28日

武富士、会社更生法を申請=負債4336億円、新社長に吉田氏

武富士、会社更生法を申請=負債4336億円、新社長に吉田氏
消費者金融大手の武富士は28日午後、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。借り手が利息制限法の上限金利より多く支払った「過払い利息」の返還請求が相次ぎ、財務体質が急速に悪化。自力再建にこだわれば、資金繰りの破綻(はたん)は免れないと判断した。10月29日付で東京証券取引所への上場は廃止される。
負債額は6月末時点で4336億円。帝国データバンクによると、日本航空グループ2社、日本振興銀行に次ぐ今年4位の大型倒産となる。これに加え、まだ過払い利息を請求していない人が最大で200万人前後、金額では2兆円程度に上るといい、負債額はさらに膨らむことが確実だ。

いよいよ来るべき時が来たという感じですね。
色々と手続きがあって過払い請求するの面倒だなあなんて思っている方はそろそろ本気出さないと取り返せるものも取り返せなくなってくるかもしれません。武富士は銀行の系列に入っていませんが、アコムなどの他の消費者金融はどうなんでしょうね。

武富士<8564.T>の破綻、消費者金融を傘下に持つメガバンクにリスクも
関係者によると、三菱UFJのアコムに対する貸出金残高は10年3月末で約2300億円。三井住友のプロミスに対する残高は2700億円。両グループとも、「グループ内だが、厳しく業況を判断している」としており、一定の貸倒引当金を計上しているもようだが、債務者区分が引き下げられた場合、「程度にもよるが500億円程度の引当金の積み増しもある」(同)と見られている。

どうやら武富士だけではなく、業界全体が大変な状況のようですね。
過去のグレー金利の清算や、法改正による貸し出し規制などもあって、既存のスタイルでは会社そのものが立ち行かなくなってきているのかもしれません。金貸しの商売は今後も無くなることは無いとは思いますが、いまの時勢にあった業態がこれから新たに出てくるかもしれませんね。

私が過払い請求の訴訟を起こしたのが昨年で、その頃すでに裁判所の方から「今はこういうご時世で貸し手側も大変だから」なんて言われました。たぶん今後も業界が持ち直す可能性は少ないと思うので、過払い請求を検討している方はすぐにでも行動に移した方がいいかもしれませんね。
posted by まーくん at 22:50 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投稿日:2010年09月05日

消費者金融大手、新規貸出の割合過去最低に 7月は25%

消費者金融大手、新規貸出の割合過去最低に 7月は25%
6月の改正貸金業法の完全施行を受け、プロミス、アコム、アイフル、武富士の消費者金融大手4社が新たな貸し出しに応じた割合(成約率)が7月に平均25%と過去最低になった。4人のうち3人の融資を断った計算となり、新規貸し出しも前年同月比でほぼ半減した。

改正貸金業法の完全施行は貸し出しを年収の3分の1にとどめる総量規制の導入などが柱で、低所得者層を中心にこの基準に抵触した借り手が多かったとみられる…

こうやって見ると、消費者金融の経営を支えていた人たちっていうのは融資を断らざるを得ない層だった可能性がありますね。返しては借り手を繰り返させて、利息をずっと巻き上げていくという・・・。これまでは破綻するまでの時間がそれなりにあったから、ある一定の期間利息が取れればペイできていたかもしれませんが、今後は法律が厳しくなって難しいんでしょうね。

でもこの断られた人たちというのはいったい今どうしているのでしょうか?

posted by まーくん at 20:14 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投稿日:2010年09月02日

消費者金融株の下げきつい、アコムには売りたたきの動き

消費者金融株の下げきつい、アコムには売りたたきの動き
アコム <8572>が急落。売りたたかれている。一時東証1部の下落率6位。大手4社の6月の融資申込件数が約3割、顧客数も約4割減少しており、総量規制につながる改正貸金業法の施行で、収益悪化観測が強まっている。武富士 <8564>、プロミス <8574>も下落。(編集担当:山田一)

消費者金融という業態が健全な経営の下で成り立つものなのかが徐々に明らかになってくるんじゃないでしょうか。
借りられるから借りたという人も大勢居ると思うので、こういう企業は必要最低限だけ残ってあとは淘汰されていいんじゃないかと思うんですがどうなんでしょうねえ。パチンコ屋とかもこの不景気の煽りを受けて目減りしてくれればいいんですが。
posted by まーくん at 19:55 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。